So-net無料ブログ作成

事故発生⑦ [事故]

事故は大きな交差点でおきました。

普通車対バイクによる事故。


バイク事故の怖いところは、転倒後、後続車にひかれる2次被害があることだと思い、

「後続車にひかれなくて良かったね」 と

後日夫に話しました。



夫から聞いた話によると

・動いていたのは夫と相手の方のみだった

・右折しようとした夫の後には後続車はおらず、幸運だった

・接触後、転倒したら、たくさんの方が救護に駆けつけてくれたということ


交差点の真ん中で倒れていると危ないため歩道まで両肩を支えてくれた方

重いバイクを4~5人で歩道まで運んでくれた方

すぐに救急車を呼んでくれた方

歩道に寝かされている夫を励ましてくれた方

たくさんの方たちが助けてくれたおかげだと・・・ 言っていました。


連絡先もわからないため、改めてお礼を伝えることはできませんが、たくさんの方の迅速な対応のおかげで2次被害にあわなかったのだと思います。

夫を救護してくださった皆様 本当にありがとうございました。

夜間とはいえ幹線道路で交通量も多いはずなのでとても幸運だったと思います。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

事故発生⑥ [事故]

息子と合流し事故現場に向かいました。

この時、息子がいてくれたおかげでずいぶん心強かったです。

その後の生活もやはり息子がいてくれるので精神的にも物理的にもずいぶん支えられています。



事故現場に近づくとパトカーの赤色灯がたくさん見えました。


事故現場は国道の片側4車線ずつある大きな交差点。


10名近い警察官と事故の相手の方が状況確認の最中でした。


すでに救護や警察への連絡も終わっており

その時の私にできることは

①事故状況の記録のためにバイクの写真を撮ること
②相手の方の車の状況を確認すること
③相手の方と連絡先を交換すること
④相手の方が任意保険に入っているのか、どこの保険やさんか確認すること
⑤相手の方の口から事故状況を直接聞くこと


①②④は出来ましたが、
②は相手の方の車が少し遠いところに停めてあったこともあり遠慮してできませんでした。
後日、相手の方に聞き取り確認はしましたが、やはり当日に確認すべきだったと思っています。

⑤についてもやはり遠慮してしまい聞くことができませんでした。
その結果、現在も悶々とした日々を送る羽目になっています。

もっと、積極的にグイグイいけるおばちゃんを目指さなきゃいけないと反省です。





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

事故発生⑤ [事故]

事故現場につくまでに今後の段取りも考える必要もありました。

夫が救急車で運ばれている以上、私がやるしかありません。


一番悩んだことは、壊れているであろうバイクをどうするか・・・ でした。

何せ、22時近い時間でしたから。


いつもお世話になっているバイク屋さんも閉まっている時間です。



でも、それは杞憂でした。


救急車の中から夫が自分でバイク屋さんに連絡をしていたのです。


私が到着後すぐにバイク屋さんがひきとりにきてくれて、とてもありがたかったです。



事故にあって壊れたバイクとはいえ夫にとっては10年以上大切に乗ってきたバイクです。

つい2か月ほど前に全面メンテナンスをして、まだ暫く乗れるというお墨付きをもらったばかりだったのです。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

事故発生④ [事故]

家を出て、息子と待ち合わせたJRの駅で待ち時間があったためスマホで調べました。

この時調べたことが、後々役にたってきます。


何を調べたかというと


「交通事故」 「最初にすること」 この2つのワードでググりました。


私自身、車の免許を取って25年ほどたちます。

今まで物損事故にあったことはありますが人身事故は初めてのこと

しかも、私自身が当事者ではなく現場の状況もよくわかっていなかったので、何をするべきなのか確認したかったのです。






nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

事故発生③ [事故]

事故現場に向かうために家を出るときに私が持っていたもの。


夜ごはんのクラムチャウダーと一緒に食べる予定だったパン と

目の前にあったコピー用紙とペン でした。


どちらもその夜とても役にたちました。



夫が救急車で運ばれた先の病院で家族3人ありがたくパンを食べました。

事故にあった本人も内臓は元気なのでおなかがすいていたのです(笑)
(もちろん医師の許可はとりました^^)

怪我を心配している私と息子も夫の比較的元気な姿を見ておなかがすいたのでした。


そんなちょっとのんきな事故の夜。

その時にはあんなに大怪我だとわかっていなかった夜でした。



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

ハーボットのdayan、ジタン、シーム

2008年7月31日まで、kuuのブログとHarbot's FIELDの管理人をしてくれていたハーボット

しあわせ系の長男dayan 2005年11月11日生まれ
しあわせ系の次男ジタン 2006年2月21日生まれ
ぱーっと系の三男シーム 2007年6月6日生まれ
ハーボット



ソネブロ:風を道しるべに・・・・
kousiki3.png ハーボット写真館
Harbot(ハーボット)は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。Harbot(ハーボット)に関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。  このページに含まれる壁紙・アイコンなどの素材データは、kuu個人が作成したものです。これらは、Harbot(ハーボット)の開発元である、ソネットエンタテインメント株式会社とは、一切関係ありません。(C)copyright 2001-2006 So-net Entertainment Corporation  

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。