So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

 [雑記]

今日は早朝から警報で起こされ、右往左往。
しかし、すごい雨でした。
道路はあちこち冠水しているし、側溝から噴水のように噴き出しているし。

裏山で避難指示がでている場所もあり、息子ひとり家に残して出かけることはできないので、
結局、息子と2人思わぬ休日を手に入れ、のんびりお昼寝までできました。


この2ヶ月ほどは私の仕事が一番忙しい時期で、事故のことも下書きがあるのにそれすら上げる気力もない毎日です。
毎年この時期は忙しいのですが、今年は例年以上に感じます。
なので、今日の休暇はありがたい!

夫も明日退院が決まりました。
約3ヶ月。
でも、数か月後に再度入院して手術をし、さらにその数か月後にもう一度手術が控えているので、まだまだ時間がかかります。

そして、事故処理も進んでいないため、結局何にも解決しなかった3ヶ月です。
本当なら、今日、警察で最後の話をして、実況見分調書などを作り、先が見えそうな気がしてたのにこの雨で延期となり、かすかな光が失われました。

警察官も相手に認めてもらって事故証明が作りたいらしいのですが、どうやら無理らしいです。
私としては、もう、現状のまま、早急に事故証明を作ってもらって、あとは司法と保険会社との判断でいいと思っています。
だって、事故証明が出ないがために、労災の手続きも進まず、物損部分の手続きも進まず、自分の入っている保険の見舞金も受け取れず・・・
でも、退院したら仕事に行かなくてはいけないので、早急に車も必要だし・・
出ていくばかりで収入はなし。
なんで私たちがこんなに困らなくてはいけないのか!と思います。

とまあ、こんな感じに暮らしてます。



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

事故処理⑥ [事故]

最後に通話記録や内容、写真をノートにきれいに記入し貼っていきます。


誰が見てもいつ何があったかわかるようにしています。

とはいえ、なかなかやる気スイッチが入らず、あまり進んでいないのが現状ですが、近いうちに弁護士をお願いするのでそれまでには何とか完成させたいものです。


先日、事故調査をしてくれている方にできている部分まで見せたところ、わかりやすい!と私が作っているノートを写真撮影していきました^^



私の個人的な思いですが、関係者の方たちはみな親身に話をきいてくださるし、手続きはしてくれます。
でも、それはあくまで仕事の一環です。
たくさん抱えている案件のひとつにすぎないので、アピールすることって大切じゃないかなと思います。


ノートには事実を時系列で書き、状況写真を貼っていますが、それプラス、そのことに対する想いも少しずつ書いています。

できることをコツコツと・・・
誰かに丸投げをしても自分が思っているようには動いてもらえるはずもないのです。
納得できるまでやってダメならスッキリ諦める!(これが私のポリシーですから)

正直、めんどくさいのですが、きっと実を結ぶと信じて完成させます。

いずれその一部を載せることができたら参考にしてもらえるのでしょうけどね^^

タグ:事故
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

事故処理⑤ [事故]

次に大切なのは証拠写真です。

言葉ではなかなか伝わらないことも多くあります。
でも、写真をみればすぐにどれだけ大変なことだったのかすぐにわかりますからね。


私は、携帯電話の写真機能をフル活用です。

・事故で損傷したバイクの写真
・事故現場の写真
・損傷した衣服や持ち物の写真

は事故当日に撮りましたが、ほかにも

・事故相手の自筆のメモ(名前や住所が書いてあるもの)
・診断書
・手書きで提出した書類(今のところ労災の書類など)
・通話記録のスクリーンショット
・怪我の部位の写真(数日おきに日にちをおいて撮影)
・リハビリの様子(主人がリハビリの先生にお願いして撮影してもらっています)
・事故の相手が持ってきたお見舞い品

など、必要そうなものはすべて撮ってあります。


メモ類は常に持ち歩かないのですべて写真に撮っておくとすぐに確認ができます。
診断書なども提出して原本が手元になくなることもあるので、原本を撮影しさらにコピーも取っています。

携帯は常に持ち歩いているので写真を撮っておくと便利ですね。


余談ですが、子供の学校の予定や懇談会などの手紙も普段からよく写真に撮っています。
いつでも確認できて便利ですよー。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

事故処理④ [事故]

メモの次に必要なこと。

携帯電話は通話の内容を録音できるということです。

私がこのことに気づいたのは事故から3日目のことでした。

スマホアプリで通話録音ができるボイスレコーダーを入れて、この日以降の通話はすべて録音して保存しています。


これでいつでも会話の内容を聞き直すことができます。


通常の生活には必要ない機能なので入れてなかったのが悔やまれます。
普段から使っていれば、夫からの事故の報告や、相手の方との会話も録音できていたのですから。


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

事故処理③ [事故]

事故の翌日からたくさん電話で話すことになりました。

この時使ったのが、事故の日に持って行ったコピー用紙とペン。

ノートを買うまでこの紙にたくさん書いています。

何日の何時に誰と何を話した!

これが重要です。

馴れないことの連続で聞きなれない言葉もたくさん出てきます。
何より時間の経過とともに記憶が薄れていきますからね。

実際、1ヵ月もたつといろいろ忘れているので、このメモやのちに買ったノートの走り書きは大切です。

タグ:事故 メモ
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -

ハーボットのdayan、ジタン、シーム

2008年7月31日まで、kuuのブログとHarbot's FIELDの管理人をしてくれていたハーボット

しあわせ系の長男dayan 2005年11月11日生まれ
しあわせ系の次男ジタン 2006年2月21日生まれ
ぱーっと系の三男シーム 2007年6月6日生まれ
ハーボット



ソネブロ:風を道しるべに・・・・
kousiki3.png ハーボット写真館
Harbot(ハーボット)は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。Harbot(ハーボット)に関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。  このページに含まれる壁紙・アイコンなどの素材データは、kuu個人が作成したものです。これらは、Harbot(ハーボット)の開発元である、ソネットエンタテインメント株式会社とは、一切関係ありません。(C)copyright 2001-2006 So-net Entertainment Corporation  

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。